英語長文の解き方のコツについてお教えします!

どの大学でも出題される英語長文問題。でも英語長文が苦手で、見るだけでなんだか気が重くなる、という方もいますよね。
今回はそんな方のために、英語長文の解き方のコツについてお教えします!是非参考にしてくださいね。

まずは、いくら単語を覚えても英語長文が読めない!という方。
もちろん、英語長文を読むためには一定の英単語力は必要ですが、英単語は無数にありますから暗記にはキリがありませんよね。
またいくら英単語を覚えても、英語長文を解いていると、必ずといっていいほど初見の単語に出くわすと思います。
英語長文は、英単語を覚えるだけでは解けないのです。
ここで必要になるのが、初見の英単語の意味を推測する推測力です。

前後の分の意味や文脈から初見の単語の意味を推察することができれば、初見の単語にも焦らず対応することができます。
また一部の大学の出題者は、英語長文にわざと受験生が知らない難単語をだし、その単語の意味を書かせて受験生の推測力をためしたりもします。
そのような大学は、ただひたすらに単語を覚えるだけでなく、初見の単語にも柔軟に対応できる思考力を持つ受験生を合格させてあげたいのです。

ではどのように推測力を鍛えればいいのでしょうか?

私がおすすめしたいのは、初見の単語に出会ったときに、すぐには辞書に頼らずまず自分で意味を考える癖をつけることです。
普段から英単語の意味を推測する癖をつけていれば、自然と推測力は鍛えられていきます。

次に英語長文を解くのに時間がかかる、という方。長文を読んだりその後問題を解いたりするのに必要以上に時間が掛かってしまうのには、いくつか原因があります。
まずは、単純に一文一文を読むのに時間がかかってしまう、という場合。この場合の原因は、英文を読むとき返り読みしてしまっていることにあります。

英語と日本語は語順が違うため、英文一文一文をその都度日本語に直そうとしながら読むと、英語を日本語の語順に直す手間がかかり、それだけ読むのも遅くなってしまいます。

英文は日本語に直して理解するのではなく、そのまま英文として理解するようにしましょう。

普段の長文読解のときに返り読みをしないよう意識していれば多少は改善されると思いますが、それでも改善されない場合は、あえて簡単な英文を読んでみましょう。

瞬時に意味が分かるような簡単な英文を読んでいれば、わざわざ日本語の語順に直すような読み方はしなくなると思いますし、返り読みの癖もなくなると思います。
次に英語長文を読んでも結局筆者の主張が分からない、という場合。この場合は英文を読んだそばから忘れていってしまっている可能性があります。
読みながら、1分前に読んだ内容を忘れてしまっているわけですから、結局読み終わっても筆者が何を言いたかったのかがいまいちよく分からず、読み直したりする必要があり時間がかかってしまうのです。

この場合は、段落ごとにその段落内のまとめを段落の横にメモしておきましょう。
英語長文では、筆者の考えを述べている段落、その考えを後付けるデータを出している段落、反対意見に反論する段落等、一段落一段落に必ず意味があります。

段落ごとにその段落がこの長文の中でどんな役割を担っているのか考えましょう。

メモするのに時間がかかってしまうと思うかもしれませんが、英文を読み直すよりは時間はかかりませんし、問題を解いているときにもメモのおかげで該当箇所にすばやくたどり着けたりします。

またひと段落ごとにまとめを考える癖がつけば、わざわざメモをしなくても英文が頭に残るようになると思います。
最後に、上記のことだけでは物足りない、という方は、長文を読む前に問題文を読むようにしましょう。

長文を読む前に問題文を読めば、長文のどの部分について質問されるか分かっている状態で長文が読めるので、問題を解くごとに長文に戻って読み直す手間は省けます。

ただ先に間違いを含んだ選択肢を読んでしまうと長文が正しく理解できなくなるので、選択肢ではなく問題文だけを読むようにしましょう。

今日は英語長文の勉強法と解き方のコツについてお話しました。ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です