大学受験の英語長文を攻略するコツを伝授します

「大学受験の英語長文が読めるようにならない」というのは、受験に関する悩みにおいて、最もよく挙げられる、普遍的、一般的な悩みなのではないでしょうか。

今日、大学受験において、中堅レベル以上といわれる大学では、英語の配点のうち半分以上を英語長文読解問題が占めていることがほとんどです。従って、英語を攻略するコツは、英語長文読解問題にあると言えるでしょう。

また、大学受験において英語という科目は特に差がつきやすいです。例えば、模試の点数分布を見ると国語は点数の開きが小さくなる傾向があるのに対し、英語は成績上位者と下位者で大きな開きがあります。暗記系の科目でもある程度差ができますが、大学受験本番になると、実際の点差は小さいものとなります。

これらのことから、コツとしては、「大学受験で合格できるかは、英語の長文読解ができるようになるかにかかっている」と言ってしまっても過言ではないのではないでしょうか。

かくいう私も、大学受験勉強を始めた当時は英語が全くできず、「英語ができるようにならない」、「英語長文が読めるようにならない」と強く思っていました。

そこで、このブログでは、僕が大学受験生時代に培った経験と、受験を終えての考察を踏まえて、未来の受験生に向けて、「英語長文ができるようになるためにはどうしたら良いのか」についてコツを記したこのブログ残したいと思います。

まず、大学受験の英語における、単語や文法といったものを「基礎基本」とするなら、英語の長文問題は「応用」です。コツは、英語長文読解問題で正解を得るためには、語彙力・文法力・英文解釈力・論理的読解力・問題アプローチ力という5つ全ての力をうまく運用することになります。

では、「英語長文問題が解けるようになるにはどうしたらいいのか」ということをもっと一般化し、「大学受験の英語長文で、ある問題が解けるようになるコツは何なのか」ということを考えてみましょう。

これに関しては、英語長文に限らず、どの勉強にも共通することが一つあります。

それは、「大学受験の英語長文の応用レベルの問題が解けるようになるコツは、それに必要な力 (英語の場合、上に挙げた語彙力・文法力・英文解釈力・論理的読解力・問題アプローチ力の5つ)が、全て一定レベルに達していないといけない」ということです。

例えば、語彙だけたくさん増やしても、英文法がわからなければ長文は読めませんし、現代文が得意で論理的読解力に優れていても、英単語を知らなければ英文は読めません。さらに、もっと極端な例を出せば、どれだけ熟達した交渉の達人でも、英語が全くわからなければ、英語しか話せない人と交渉をすることはできません。

どれか一つでも欠けていればだめなのです。「だめ」というのは、成績に反映されないということです。全ての力が一定レベルに達した時に初めて、成績に反映されるのです。

この傾向が、大学受験の英語長文では特に顕著です。「英語の勉強の成果が目に見える形で表れるのには時間がかかる」と言われる所以はここにあります(ちなみに、まるっきり何もわからない状態から大学受験の英語長文を始める場合は、3ヶ月は必要といわれています)。

ですから、全ての力をバランスよく磨いていく必要がありますし、実力として、つまり成績として反映されるまでは、ある程度時間がかかるので、辛抱強く地道な努力を続けていくことがコツの1つとなるのです。

ではこれらのことを踏まえた上で、英語の長文読解問題ができるようになるためのコツは何でしょうか。

それは、まず基礎が大事であることを理解し、それを固めることです。そして、長文読解の正しい勉強法を知ることです。最後に、最も大きなコツは、それを根気強く継続して実行することです。

繰り返しになりますが、大学受験の英語長文を得意にするコツは、成果が出るまでは、辛抱強く地道に努力していくことが必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です