大学受験の英語長文のコツは「速読」を極めること!

大学受験の英語長文のコツは、ずばり「速読」を極めることにあります!多くの大学受験生はそのコツを知らずに「英語長文の速読ができるようになりたい」といいます。それはなぜでしょうか。

それは、大学受験生は「自分が英語長文読解問題で躓くのは、時間が足りていないからだ、スピードが足りないからだ。だから英語長文は超速で読む必要がある」と考える傾向にあるからです。コツを知らずに、そのように話す傾向があります。

これは、ある意味正しいのですが、ある意味で間違っています。言い換えれば、コツとしては、今の英語長文を読むスピードではだめですが、超速で読む必要はないということです。速読のコツとは、目を速く動かして、英語長文を目で追うスピードを上げること読むことではありません。大学受験英語において、多くの人が思いがちなように、「英語長文を超速く読んでいくこと」は求められていないのです。

コツとしては、私たち日本人が、普通に日本語の文章を読む時より、少し遅いくらいのスピードで英語長文を読むことができれば、十分間に合うのです。このスピードで読むことが、大学受験にマストな「速読」なのです。

このコツは、意外に思ったでしょうか。しかしこれが真実なのです。制限時間内に解き終わらない場合、多くの大学受験生は、英語長文の返り読みをしていたり、文章の構造レベルで躓いていたりして、論理的に読むという段階に達することができていないのです。

とはいえ、大学受験の英語長文を日本語の文章を読むのと同じスピードで読むことはかなり難しいです。コツとしては、もう少しハードルを落とし、大学受験の「速読」とは、無理のないスピードでスムーズに英語長文を読んでいくことだと、心に留めておいてください。そして、大学受験の英語長文を速読できるようになることは、英語の応用力が求められる長文読解におけるさらにまた最終目標であるということも、同時に理解しておいてください。

結局、コツとしてお伝えできることは、大学受験の英語長文速読は、いきなりできるようになるものではありませんし、むしろそれまでのステップを踏んできた上で、繰り返し長文読解演習を積めば自然とできるようになるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です