英語長文の解き方のコツについてお教えします!

どの大学でも出題される英語長文問題。でも英語長文が苦手で、見るだけでなんだか気が重くなる、という方もいますよね。
今回はそんな方のために、英語長文の解き方のコツについてお教えします!是非参考にしてくださいね。

まずは、いくら単語を覚えても英語長文が読めない!という方。
もちろん、英語長文を読むためには一定の英単語力は必要ですが、英単語は無数にありますから暗記にはキリがありませんよね。
またいくら英単語を覚えても、英語長文を解いていると、必ずといっていいほど初見の単語に出くわすと思います。
英語長文は、英単語を覚えるだけでは解けないのです。
ここで必要になるのが、初見の英単語の意味を推測する推測力です。

前後の分の意味や文脈から初見の単語の意味を推察することができれば、初見の単語にも焦らず対応することができます。
また一部の大学の出題者は、英語長文にわざと受験生が知らない難単語をだし、その単語の意味を書かせて受験生の推測力をためしたりもします。
そのような大学は、ただひたすらに単語を覚えるだけでなく、初見の単語にも柔軟に対応できる思考力を持つ受験生を合格させてあげたいのです。

ではどのように推測力を鍛えればいいのでしょうか?

私がおすすめしたいのは、初見の単語に出会ったときに、すぐには辞書に頼らずまず自分で意味を考える癖をつけることです。
普段から英単語の意味を推測する癖をつけていれば、自然と推測力は鍛えられていきます。

次に英語長文を解くのに時間がかかる、という方。長文を読んだりその後問題を解いたりするのに必要以上に時間が掛かってしまうのには、いくつか原因があります。
まずは、単純に一文一文を読むのに時間がかかってしまう、という場合。この場合の原因は、英文を読むとき返り読みしてしまっていることにあります。

英語と日本語は語順が違うため、英文一文一文をその都度日本語に直そうとしながら読むと、英語を日本語の語順に直す手間がかかり、それだけ読むのも遅くなってしまいます。

英文は日本語に直して理解するのではなく、そのまま英文として理解するようにしましょう。

普段の長文読解のときに返り読みをしないよう意識していれば多少は改善されると思いますが、それでも改善されない場合は、あえて簡単な英文を読んでみましょう。

瞬時に意味が分かるような簡単な英文を読んでいれば、わざわざ日本語の語順に直すような読み方はしなくなると思いますし、返り読みの癖もなくなると思います。
次に英語長文を読んでも結局筆者の主張が分からない、という場合。この場合は英文を読んだそばから忘れていってしまっている可能性があります。
読みながら、1分前に読んだ内容を忘れてしまっているわけですから、結局読み終わっても筆者が何を言いたかったのかがいまいちよく分からず、読み直したりする必要があり時間がかかってしまうのです。

この場合は、段落ごとにその段落内のまとめを段落の横にメモしておきましょう。
英語長文では、筆者の考えを述べている段落、その考えを後付けるデータを出している段落、反対意見に反論する段落等、一段落一段落に必ず意味があります。

段落ごとにその段落がこの長文の中でどんな役割を担っているのか考えましょう。

メモするのに時間がかかってしまうと思うかもしれませんが、英文を読み直すよりは時間はかかりませんし、問題を解いているときにもメモのおかげで該当箇所にすばやくたどり着けたりします。

またひと段落ごとにまとめを考える癖がつけば、わざわざメモをしなくても英文が頭に残るようになると思います。
最後に、上記のことだけでは物足りない、という方は、長文を読む前に問題文を読むようにしましょう。

長文を読む前に問題文を読めば、長文のどの部分について質問されるか分かっている状態で長文が読めるので、問題を解くごとに長文に戻って読み直す手間は省けます。

ただ先に間違いを含んだ選択肢を読んでしまうと長文が正しく理解できなくなるので、選択肢ではなく問題文だけを読むようにしましょう。

今日は英語長文の勉強法と解き方のコツについてお話しました。ぜひ参考にしてみてください。

大学受験の英語長文のコツは「速読」を極めること!

大学受験の英語長文のコツは、ずばり「速読」を極めることにあります!多くの大学受験生はそのコツを知らずに「英語長文の速読ができるようになりたい」といいます。それはなぜでしょうか。

それは、大学受験生は「自分が英語長文読解問題で躓くのは、時間が足りていないからだ、スピードが足りないからだ。だから英語長文は超速で読む必要がある」と考える傾向にあるからです。コツを知らずに、そのように話す傾向があります。

これは、ある意味正しいのですが、ある意味で間違っています。言い換えれば、コツとしては、今の英語長文を読むスピードではだめですが、超速で読む必要はないということです。速読のコツとは、目を速く動かして、英語長文を目で追うスピードを上げること読むことではありません。大学受験英語において、多くの人が思いがちなように、「英語長文を超速く読んでいくこと」は求められていないのです。

コツとしては、私たち日本人が、普通に日本語の文章を読む時より、少し遅いくらいのスピードで英語長文を読むことができれば、十分間に合うのです。このスピードで読むことが、大学受験にマストな「速読」なのです。

このコツは、意外に思ったでしょうか。しかしこれが真実なのです。制限時間内に解き終わらない場合、多くの大学受験生は、英語長文の返り読みをしていたり、文章の構造レベルで躓いていたりして、論理的に読むという段階に達することができていないのです。

とはいえ、大学受験の英語長文を日本語の文章を読むのと同じスピードで読むことはかなり難しいです。コツとしては、もう少しハードルを落とし、大学受験の「速読」とは、無理のないスピードでスムーズに英語長文を読んでいくことだと、心に留めておいてください。そして、大学受験の英語長文を速読できるようになることは、英語の応用力が求められる長文読解におけるさらにまた最終目標であるということも、同時に理解しておいてください。

結局、コツとしてお伝えできることは、大学受験の英語長文速読は、いきなりできるようになるものではありませんし、むしろそれまでのステップを踏んできた上で、繰り返し長文読解演習を積めば自然とできるようになるものなのです。

英語長文の「復習」で大学受験に合格!

大学受験の英語長文には、「復習」が1番の秘訣という事実をご存知ですか? 英語長文が苦手、勉強方法も分からないし、数をこなすために毎日毎日ひたすら英文読む、なんて方法は今日でおしまいです。

大学受験の英語長文を攻略するには、「読む」だけでは不十分です。
時間を有効に使って、最も力を入れるべきは「復習」です。復習なんて問題演習のおまけと思っているそこのあなた、復習を制する者が大学受験の英語長文を制します。英語長文の勉強法を復習のポイントと合わせてご紹介しているので、ぜひ参考にしていただき大学受験に合格しましょう!

大学受験「英語長文」の正しい復習法を知ろう

大学受験の英語長文には「正しい復習」があり、復習を制する者は大学受験を制します。「復習」とは何か、それは、文字通り繰り返し反復練習をして知識を定着させることです。

大学受験を目指す方は、問題演習をする機会が多いと思います。自学習で問題集を解いたり、授業で課題として出されたり、実力試験や模試など、いろんな場面で問題を解いているはずです。

英語長文の勉強の基本として、問題を解くことと復習をすることは1セットであり、復習をするまで演習が終わったとは言えません。さらに、間違えた問題だけでなく迷った問題もしっかりと復習することを忘れないようにしましょう。迷った末に正解してしまうと、ついなぜ自分が迷ってしまったかを忘れてしまいます。選ばなかった選択肢の中にも自信がなかったものは、間違えたと仮定して復習するようにしましょう。逆に自信を持って根拠のもとに解答でき、正解していた問題は復習の必要はありません。

英語長文を丁寧に復習するようになると、学習を始めた当初は復習にかかる時間が長く、復習しなければならない部分も多いですが、その時間が徐々に減っていくのが理想的です。一回の復習を丁寧に行うほど知識は定着します。分からなかったという記憶が残っているうちに復習をすることもポイントです。「鉄は熱いうちに」が鉄則です。

大学受験「英語長文」のポイントは「参考書の進め方」

大学受験の英語長文は、「復習」が最も効果を発揮する数少ない分野です。それは、英語長文が単なる暗記では乗り越えられない、複雑な要素で構成された分野だからです。

特に、自身で参考書学習をする際、忘れてはいけないのが復習です。問題集形式の参考書の進め方としては、「時間を決めて問題を解く→辞書があれば解けるレベルの問題を辞書を使い解く→採点→復習」という流れがおすすめです。特に、採点・復習はおまけではなく、そこからが本番と思って取り組みましょう。

辞書を使って解いた問題は、調べた英単語や熟語を別でまとめておきましょう。その他、採点をして間違っていた問題は、何が分からずに間違えたのかを突き詰めていきます。少なくとも辞書を使っても分からなかった問題は、文の構成や要旨が理解できていなかったり、精読しきれていない部分なので、自分のレベルに合っていない、もしくは弱点が凝縮した部分かもしれません。

志望大学のレベルの参考書を選ぶ時は、なるべく読み物ではなく問題が多い実践形式の参考書を選ぶようにする方が、解答して復習する流れが作りやすいです。文法などを詳しく解説してくれているような参考書は、それだけを読んで覚えるより、復習の時に使うのが効果的です。

大学受験に合格のキーポイントは「読解力アップ」

大学受験の英語長文において、復習の他にも重要なポイントがあります。受験生の誰もが思うのが、「英語長文をスラスラ読めるようになりたい!」ということです。そのために重要なのが、読解の中でも「速読・精読のバランス」です。

英単語や熟語はもちろん必須条件なので、日々語彙を充実させておいてください。いざ英語の長文を読解するとき、基本は速読です。わからない英単語や熟語は、ざっくりと意味を推測したり飛ばしたりしてどんどん読み進めていき、設問に関わる文章や英文全体に関わるような文章は精読をします。その切り替えが自然とできるようになると、英語の長文をスラスラ読めるようになります。

大学入試においては、最終地点は設問に正解することなので事前に設問を読み、どこを精読するのかを念頭に置いて読み始めることもポイントです。また、設問を事前に確認することで、話の展開が予測でき、読解の手助けにもなります。

速読部分はなるべく読み返しをせず、一読で理解できるように日頃の演習から意識しておきましょう。
 
大学受験を目指して、毎日ひたすら読んでばかりの英語長文はもう卒業です。復習に重点を置くことで効率を上げ、短期間での実力アップを図りましょう。勉強方法の正解は一つではありません。自分に合った勉強方法を見つける努力を惜しまないことも重要です。

英語長文は、コツを掴めばどんどん面白さが発見できる分野です。今は苦手な英語長文も、しっかりと対策していけばスラスラ読める日がきっとやってきます。ご紹介した中で興味が沸いたり、自分に活かせる部分があると感じた方は、ぜひ受験勉強の参考にしてみてください。

大学受験の英語長文のコツ「論理的読解」に必要な3つのポイント

コツ①トピックセンテンスを探す 「1パラグラフ・1トピックの原則」:
大学受験の英語長文では、1つのパラグラフ(段落)には、原則として1つのトピックが提示されます。このトピックが書かれたセンテンスを探すことが、論理的読解の第一歩です。先入観を持って英語長文を読むのはよくないですが、第1文に書かれていることが多いです。また、逆接のディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)の後ろに来ている場合は、特にその可能性が高いため、注意が必要です。

コツとしては、このトピックを、大学受験の英語長文の各パラグラフで見つけることができれば、それを繋ぎ合わせて読んでみるだけでも大まかな文章全体の流れを掴むことができます。

コツ②「抽象→具体の流れ」の理解:
大学受験の英語長文は、パラグラフ内で、「抽象→具体」の流れが確かに存在します。まず、多くの場合、そのパラグラフのトピックが抽象的な一般化された文章で最初に提示されます。しかし、それだけでは理解がし辛かったり、読者に正確に伝わらなかったりする可能性があります。そこで、筆者がその文章に説得力を持たせるために書いた、それが具体化された英語長文が、その後に続くのです。

コツとしては、このように、大学受験の英語長文は、下にいけばいくほど抽象的な内容から具体的な内容に話が流れていきます(もちろん、そうでない場合もありますが)。

これを私は、大学受験の英語長文の「抽象→具体の流れ」と読んでいます。

抽象的に提示されたトピックを、それだけ読んで理解できたなら、特に設問になっていない場合、具体化された部分に関しては、最悪読まなくても先を読み進めることができます(もちろん、全ての文章を読むことが基本中の基本で、王道の読み方です。「最悪」読まなくてもいいというだけで、読み方に緩急をつけて全ての文章を読むようにしてください) 。

大学受験の英語長文については、このコツである「抽象→具体の流れ」を掴むことができていれば、訳せない(単語や内容がわからない)文章が出てきたときに、内容を推測したり、そこを読まずに文章の流れを追い続けたりすることがより容易になります。

この「抽象→具体の流れ」は、後述するディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)に着目することで、さらに掴みやすくなることでしょう。

コツ③ディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)への着目:
ディスコースマーカー(Discourse Marker)(接続詞・副詞(句)・前置詞句)とは、文と文との論理的関係を示す言葉のことです。筆者は、このディスコースマーカ―(接続詞・副詞(句)・前置詞句)を適宜配置することで、わかりやすく、自分の主張を理解してもらい、納得してもらおうと考えています。

ですから、ディスコースマーカ―(接続詞・副詞(句)・前置詞句)を学ぶということで、書き手の主張を汲み取ることができるようになります。ディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)を意識して、常にパラグラフの論理構成を考えながら、次はどんな展開になるのかを予想して大学受験の英語長文を読んでいくことが求められているのです。

ディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)のうち、特に重要なものはおおよそ次のように類型化できます。

1. 逆接:but/however/Yet/on the contrary/in contrast
逆接のディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)のあとには、筆者の主張や強調している内容がきやすく、特に重要です。コツとしては、Butなど、この逆接のディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)が大学受験の英語長文中に登場したら、〇で囲むなど印をつけておくようにしましょう。

2. 具体化:for example/for instance
②で説明した「抽象→具体の流れ」を追う上で、鍵となるディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)です。筆者が何を述べようとしているのか見失わないように、このディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)の前に展開されている内容をしっかり掴んだ上で、その後の内容を読み進めていきましょう。

3. 言い換え:in other words/that is to say
2.で述べた具体化と似ていますが、この「言い換え」のディスコースマーカー(接続詞・副詞(句)・前置詞句)は、抽象度が同じレベルで、内容が言い換えられるという点で異なります。コツとしては、大学受験の英語長文の場合、わかりやすく言い換えられている場合が多いので、言い換えられた内容はしっかり掴みましょう。

4. 因果:so/therefore/That is why/as a result
結論・まとめの文章が後ろに続きます。コツとしては、大学受験の英語長文問題のうち、内容一致問題で、この因果関係がきちんと掴めているかを問うてくることが多いので、何を根拠として筆者があることを主張しているのかなど、因果関係はしっかり掴みましょう。

大学受験の英語長文のコツは「論理的に読解する」こと

大学受験の英語長文のコツとして、この記事では、上にあげた5つ能力のうちの1つである、「論理的読解力」について書きたいと思います。

大学受験の英語長文を読みたい場合、なぜ論理的に読むことが重要なのでしょうか。「木を見て森を見ず」という言葉を知っていますか。「小さいことに心を奪われて、全体を見通さないこと」という意味です。大学受験の英語長文において、この「木を見て森を見ず」の状態に陥ることは大変危険なのです。

コツとして、大学受験の英語長文の一文一文を、時間をかけてとにかく正確に読み、わからないセンテンスが出てくれば立ち止まってじっくり考える。大学受験の英語長文をこうして読んでいると、単純に読むスピードが落ちることはもちろんですし、何よりゆっくり読んでいると英語長文の流れが掴みづらく、前の内容を忘れやすくなりがちです。そしてさらにこれが返り読みを生み…と、良いことがありません。

大学受験の英語長文をマスターするコツは、何よりまず、文章の大きな流れを掴み、その流れを追いながら読んでいくことが重要なのです。そのために必要なコツが、「論理的読解力」です。

また、大学受験の英語長文は、特に論理的に文章が書かれる言語です。大学受験の英語長文には、「1パラグラフ1トピックの原則」や、「抽象→具体の流れ」といった、文章を論理的に構成するための原則のようなものが、特に明確に英語には存在しています。ですから、大学受験の英語長文のコツとしては、論理的に文章を読解していくのが、とりわけ重要なのです。

普段から、これらのコツに注意して大学受験の英語長文に取り組むことで、少しずつこの力はついてきます。大学受験の英語長文は、コツを意識しながら地道に頑張りましょう。

大学受験の英語長文を攻略するコツを伝授します

「大学受験の英語長文が読めるようにならない」というのは、受験に関する悩みにおいて、最もよく挙げられる、普遍的、一般的な悩みなのではないでしょうか。

今日、大学受験において、中堅レベル以上といわれる大学では、英語の配点のうち半分以上を英語長文読解問題が占めていることがほとんどです。従って、英語を攻略するコツは、英語長文読解問題にあると言えるでしょう。

また、大学受験において英語という科目は特に差がつきやすいです。例えば、模試の点数分布を見ると国語は点数の開きが小さくなる傾向があるのに対し、英語は成績上位者と下位者で大きな開きがあります。暗記系の科目でもある程度差ができますが、大学受験本番になると、実際の点差は小さいものとなります。

これらのことから、コツとしては、「大学受験で合格できるかは、英語の長文読解ができるようになるかにかかっている」と言ってしまっても過言ではないのではないでしょうか。

かくいう私も、大学受験勉強を始めた当時は英語が全くできず、「英語ができるようにならない」、「英語長文が読めるようにならない」と強く思っていました。

そこで、このブログでは、僕が大学受験生時代に培った経験と、受験を終えての考察を踏まえて、未来の受験生に向けて、「英語長文ができるようになるためにはどうしたら良いのか」についてコツを記したこのブログ残したいと思います。

まず、大学受験の英語における、単語や文法といったものを「基礎基本」とするなら、英語の長文問題は「応用」です。コツは、英語長文読解問題で正解を得るためには、語彙力・文法力・英文解釈力・論理的読解力・問題アプローチ力という5つ全ての力をうまく運用することになります。

では、「英語長文問題が解けるようになるにはどうしたらいいのか」ということをもっと一般化し、「大学受験の英語長文で、ある問題が解けるようになるコツは何なのか」ということを考えてみましょう。

これに関しては、英語長文に限らず、どの勉強にも共通することが一つあります。

それは、「大学受験の英語長文の応用レベルの問題が解けるようになるコツは、それに必要な力 (英語の場合、上に挙げた語彙力・文法力・英文解釈力・論理的読解力・問題アプローチ力の5つ)が、全て一定レベルに達していないといけない」ということです。

例えば、語彙だけたくさん増やしても、英文法がわからなければ長文は読めませんし、現代文が得意で論理的読解力に優れていても、英単語を知らなければ英文は読めません。さらに、もっと極端な例を出せば、どれだけ熟達した交渉の達人でも、英語が全くわからなければ、英語しか話せない人と交渉をすることはできません。

どれか一つでも欠けていればだめなのです。「だめ」というのは、成績に反映されないということです。全ての力が一定レベルに達した時に初めて、成績に反映されるのです。

この傾向が、大学受験の英語長文では特に顕著です。「英語の勉強の成果が目に見える形で表れるのには時間がかかる」と言われる所以はここにあります(ちなみに、まるっきり何もわからない状態から大学受験の英語長文を始める場合は、3ヶ月は必要といわれています)。

ですから、全ての力をバランスよく磨いていく必要がありますし、実力として、つまり成績として反映されるまでは、ある程度時間がかかるので、辛抱強く地道な努力を続けていくことがコツの1つとなるのです。

ではこれらのことを踏まえた上で、英語の長文読解問題ができるようになるためのコツは何でしょうか。

それは、まず基礎が大事であることを理解し、それを固めることです。そして、長文読解の正しい勉強法を知ることです。最後に、最も大きなコツは、それを根気強く継続して実行することです。

繰り返しになりますが、大学受験の英語長文を得意にするコツは、成果が出るまでは、辛抱強く地道に努力していくことが必要なのです。